いわき古河FC活動理念

いわき古河FCは昭和60年発足当初から『サッカーが好きでたまらない人間の集まりで、サッカーの奥深さを追求しつつ、それを通して人に感動を与えられる活動をしたい。』という意識のもと活動して参りました。現在、古河電池株式会社いわき事業所を母体とし、ジュニア・ジュニアユースと下部組織を形成し、クラブとしての運営が主になりつつある今、豊かなスポーツ文化の振興と青少年の健全育成、地域の活性化に繋がる活動を基本理念とし、『チームを支える組織体制の確立』『チームの強化』『地域の方々の応援を得る』等の多くの課題をひとつひとつ解決し、地域の皆様と共に夢と感動を共有していける『地域の皆様から愛される強いチーム』を目指しております。

いわき古河FCの歩み

昭和60年古河電池サッカー部として創部され、いわきリーグ3部からスタートしました。
その後、福島県2部・1部リーグとなり現在の東北リーグ2部へ平成9年に昇格。 全国社会人大会福島県予選では8回優勝、準優勝2回、天皇杯福島県大会では準優勝1回、4位が3回となっております。 東北リーグの成績は平成13年度(昨年度)のチャレンジマッチの惜敗が最高です。 チームは東北リーグ一部リーグ昇格、天皇杯全国大会、社会人全国大会を目標に頑張っております。 なお、現在ジュニア・ジュニアユースチームも立ち上げ、 日々将来に向かって技術向上の為に頑張っております。

モットー

・・・・全員で同じ目標に向かう
努力・・・辛いとき、頑張れる強いハートと行動力
・・・・周りから常に愛される謙虚な姿勢

エンブレム

当チームのシンボルはゾウをモチーフにしております。チームのモットーでもある様に我々は和を大切にしております。ゾウは、
1頭では勝手に移動せず、全員一緒の移動します。この様な象の習性を見習い、我々もチームの絆を大切にしたいという願いから、このエンブレムが誕生しました。

トップチームの目標

・東北南部(2部)リーグ優勝し、1部リーグに昇格。また、昇格後も東北で上位の位置を維持する。
・福島県の代表として、天皇杯本大会に出場する。
・まずは福島県の代表として社会人大会東北大会に出場。また、東北の代表として、全国社会人大会に出場する。

いわき古河FC練習場・練習日(時間)

〒972-8501
福島県いわき市常磐下船尾町杭出作23-6  
お問い合わせ furukawafc@mail.goo.ne.jp
地図はコチラ>>>

トップチーム
水曜日・木曜日・金曜日・土曜日 20:00〜22:00

ジュニアユース
火曜日・木曜日 19:30〜21:30

ジュニア
火曜日・木曜日 17:45〜19:30

ジュニアスクール
金曜日 19:00〜21:00

キッズスクール
土曜日 16:45〜18:15

※試合等で変更になる場合があります。



ユニフォーム

黄色:チーム結成当時、チームに大型の選手が少なかった為、少しでも大きく見せたかったという理由と、幸福を呼ぶというイメージで黄色にしました。
また、今シーズンからは、トップチームに限り、セカンドユニフォームは、いわきの海(太平洋)と福島の桃をイメージした、サックスブルー×ピンクという斬新なカラーを採用致しました。

デザインはコチラ>>>

ジュニア(U-12)・ジュニアユース(U-15)活動理念

日本の将来を担うジュニア・ジュニアユース年代の子供達一人一人の個性・特性・感性を生かし、技術向上はもちろん、健全な育成(礼儀・責任感・協調性・積極性)を養わせ、一人でも多くの素晴らしい選手、素晴らしい人間をユース年代へ導くと共に、地域の活性化に貢献していくことが、古河電池FCジュニア・ジュニアユースの活動理念です。

指導方針

・ジュニア低学年(U-7・8・9)

友達と仲良くできる心(協調性)を育て、サッカーの
楽しさを伝えること。サッカーを心から楽しむことにより、敏捷性や調整力を身に付けさせる。

・ジュニア高学年(U-10・11・12)

ゴールデンエイジ(即座の習得)と言われる大切な年代。
この年代にボールフィーリングとコントロールを身に付ける。また、ジュニア低学年同様サッカーの楽しさを伝えるのはもちろん、勝利の喜び・素晴らしさも味あわせたい。

・ジュニアユース(U-13・14・15)

体のバランスが崩れる時期(クラムジー)で、肉体的にはあまり無理はさせず、ストレッチを多く取り入れ、個々の技術はもちろんですが、グループトレーニングに移行し、クリエイティブな選手を育てる。

ジュニア・ジュニアユース過去の主な実績

・ジュニア(小学生)

第24回 コカコーラ杯県大会 優勝
第26回 全日本少年サッカー大会県大会 3位
第21回 FCT杯県大会  3位
第25回 コカコーラ杯県大会  3位
第27回 全日本少年サッカー大会県大会  優勝
第27回 全日本少年サッカー大会全国大会 初出場
第26回 コカコーラ杯県大会  優勝
第28回 コカコーラ杯争奪東北大会  2位T優勝
第19回 日立桜ライオンズカップ少年サッカー大会  優勝
第28回 全日本少年サッカー大会県大会  優勝
第28回 全日本少年サッカー大会全国大会  出場
第23回 FCT杯県大会 3位
第15回 スカイドームチャンピオンズ少年サッカー大会 優勝
第27回 コカコーラ杯県大会  優勝
第29回 コカコーラ杯争奪東北大会  優勝
第8回  TEPCOチャンピオンズ少年サッカー大会 準優勝
第29回 全日本少年サッカー大会県大会 優勝
第29回 全日本少年サッカー大会全国大会 出場
第23回 FCT杯県大会  優勝



・ジュニアユース(中学生)

第14回 ろうきん杯(高円宮杯)        県大会出場
平成15年度クラブユース新人戦県大会  優勝(東北大会出場)
福島民友杯              優勝
第15回 ろうきん杯(高円宮杯)   準優勝(東北大会出場)
平成16年度クラブユース新人戦県大会 優勝 (東北大会出場)
2004ナイキカップ県大会        優勝
ナイキカップ東北大会          3位
第21回 全日本クラブユースサッカー選手権  東北大会出場
第16回 ろうきん杯(高円宮杯)    県ベスト8
平成17年度クラブユース新人戦東北大会  東北ベスト8
福島民友杯              優勝
第12回全日本ユース(U-15)フットサル選手権  県大会準優勝
第17回 ろうきん杯(高円宮杯)    優勝(東北大会出場)
第18回 高円宮杯東北大会    3位(全国大会出場)

古河電池FCサッカースクール

地域のスポーツ振興、サッカー振興への取り組みとして、普及活動を展開しています。

スタッフ紹介


ジュニア監督 
鈴木 祐二
日本サッカー協会公認C級ライセンス取得

●コメント
子供達にサッカーの楽しさを伝えたい。子供達の夢のお手伝い。





ジュニアユース監督 
内山 広美
日本サッカー協会公認C級ライセンス取得

●コメント
今だけでなく将来に繋がっていくような選手になってもらいたいと考えています。そのためにはサッカーの技術だけではなくチームの仲間との関係や生活面での指導にも重点をおき人間として成長していけるように指導しています。

※近日中に最新情報に変更します。